平成30年度 熊本県 相談支援従事者 初任者研修

研修概要

当財団は熊本県より指定を受け、標記研修を実施いたします。

研修の目的

地域の障がい児・者等の意思決定支援に基づく地域生活を実現するために必要な保健、医療、福祉、就労、教育などのサービスの総合的かつ適切な利用支援等の援助技術を習得することにより相談支援に従事する者及びサービス管理責任者等として従事する者の資質の向上を図ることを目的とする。

対象者

相談支援従事者初任者研修 コース選択について(別紙2)を参照下さい。 

① 相談支援業務に従事しようとする者
→ 全日程(5日間)
※ 平成25年度~29年度に講義のみ(2日間)を受講した者については、演習(3日間)のみ受講で修了証書を交付するが、今年度の講義内容を前提とした演習が行われるので、極力、全日程を受講すること。 
②-1 サービス管理責任者 又は児童発達支援管理責任者となる者
②-2 講義のみ(2日間)未受講だが、経過措置により、現在、サービス管理責任者又は児童発達支援管理責任者として従事している者
→ 講義のみ(2日間)
③ 既にサービス管理責任者又は児童発達支援管理責任者として従事しており、スキルアップのために再受講を希望する者(②-2に該当する者を除く。)
→ 講義のみ(2日間)
※ 過去に本研修を受講された方で、現にサービス管理責任者又は児童発達支援管理責任者として従事している方も、その知識の向上のため講義部分のみの受講申込を受付しています。 

平成24年度以前に初任者研修を受講し、現任研修を平成29年度までに受講していない方は、相談支援専門員の要件を満たしていません。
今後も相談支援専門員として従事するためには、初任者研修(5日間研修)を再度受講する必要があります。尚、研修を修了するまで相談支援専門員として業務に従事できません。

募集定員

(1)募集定員
全日程(5日間):100人程度 ※演習のみを含む
講義のみ(2日間):400人程度

(2)研修受講生の選定
募集定員を超えた場合、熊本県と協議のうえ選定する(先着順ではありません)。選定にあたっては、全日程受講希望者及び演習のみ受講希望者については相談支援事業所で相談支援専門員として従事開始する予定時期等を考慮する。
講義のみ受講希望者については、③に該当する者より、②-1又は②-2に該当する者を優先する。
熊本県内事業所からの推薦を優先する。 

※ 同一法人より全日程(演習のみを含む)を複数人申し込む場合は、必ず優先順を申込書に記載すること(1法人あたりの受講申込者数は上限なし)。 

受講料

全日程(5日間)…30,000円 / 講義のみ(2日間)…13,000円 / 演習のみ(3日間)…18,000円

全日程コース、演習のみコースをご受講の方は、演習日程(7/17、8/27、8/28)にて中央法規出版「三訂 障害者相談支援従事者初任者研修テキスト(2013年12月1日発行)」を使用しますので、事前にご購入下さい。中央法規出版HP等で購入が可能です。
※研修を受講する前に、ご一読いただくことをお勧め致します。

研修日程

日程 会場
1日目 7月 5日(木) 市民会館シアーズホーム夢ホール 大ホール
2日目 7月 6日(金)
3日目 7月17日(火) くまもと県民交流館パレア パレアホール
4日目 8月27日(月)
5日目 8月28日(火)

※講義のみ受講の場合は7月5日・6日の2日間
※演習のみの場合は7月17日・8月27日・28日の3日間

カリキュラム

※ 時間、カリキュラムが一部変更となる場合がございます。最終カリキュラムは受講決定通知にてご確認下さい。

研修の申込について

※平成30年度のお申込受付は終了しました

修了証

全日程又は演習のみを受講修了した者には(公財)総合健康推進財団より修了証書を交付する。
講義のみを受講修了した者には(公財)総合健康推進財団より受講証明書を交付する。

その他

(1)科目の免除は行わないものとします。
(2)理由の如何にかかわらず、研修開始から15分以上遅刻、欠課した場合は欠席とします。
(3)熊本県外の事業所からの申込は可能ですが、募集定員を超えた場合は、熊本県内事業所からの推薦を優先します。
(4)修了証書または受講証明書は、全科目修了した者に交付します。修了証書、受講証明書を紛失した場合は再発行が可能ですが、再発行手数料2,000円と約3週間の作成期間が必要となりますので、紛失等無いようにしっかりと管理をお願い致します。
(5)理解度が著しく低い場合は、講師・実施主体等にて協議の上、追加で課題等の提出を求めます。追加課題について講師・実施主体等にて協議の結果、修了の見込みがないと判断された者には修了証書の交付を行いません。
(6)熊本県相談支援従事者初任者研修 受講者推薦及び申込書に記載されている次の情報について、熊本県から市町村に対し、提供することがあります。予めご了承いただきますようお願い致します。同意しない場合はお手数ですが、事務局までご連絡ください。
1.受講者の氏名
2.受講者の現勤務先
3.相談支援事業所で相談支援専門員として従事開始する予定時期
4.従事予定の相談支援事業所名(未指定の場合は、指定申請予定時期も含む)
(7)次の各号の一に該当する者は、受講を取消すことがありますのでご注意下さい。
1.学習意欲が著しく欠け、修了の見込みがないと認められる者(私語、居眠り、携帯電話の使用等、受講態度の悪い方)
2.研修の秩序を乱し、その他受講生としての本分に反した者
3.事前課題等、規定の提出物を期日までに提出しない者(課題詳細は研修3日目に説明します)
(8)障がい福祉サービスに関する基礎的な理解を前提に研修を行います。事前学習を希望される方は「障害福祉サービス等従事者基礎研修(新任従事者研修)」を受講して下さい。(詳細は当財団HPにてご確認下さい。※現在募集中~5月末締切)