令和元年度 さかいチャイルドサポーター等研修

研修概要

研修の目的

子育て支援の仕事に関心を持ち、子育て支援分野の事業に従事することを希望する方を対象に、必要な知識や技能を習得するための研修(さかいチャイルドサポーター研修)を実施し、本市の子育て支援の充実を図ることを目的とします。この研修は、国の「子育て支援員」制度に基づき実施し、この研修を修了された方は、「さかいチャイルドサポーター」(全国で通用する「子育て支援員」)として認定されます。
※「子育て支援員」の認定は全国で通用しますが、国家資格ではありません。

対象者

・堺市在住で堺市内の下記子育て支援分野の各事業に従事することを希望する方。
・堺市内において、下記子育て支援分野の各事業に現に従事している方、従事が内定している方。

募集コース名 概要

地域保育コース
(ファミリー・サポート・センター事業)
C日程・D日程とも定員30人

子育て中の保護者を会員として、子どもの預かり等の援助を受けることを希望する方とその援助を行うことを希望する方との相互援助活動事業で、ボランティアで従事することを希望する方を対象としたコース。
※専門研修の終了後に、堺市ファミリー・サポート・センター事務局による1時間30分の講習会があります。
※訪問型病児保育のサポート会員としての登録も希望される方は、このコースの受講に加え、堺市訪問型病児保育センター事務局が実施する訪問型病児保育専門研修の受講が必要です。
制度についての問い合わせ先:堺市訪問型病児保育センター事務局
TEL 072-228-7668   FAX 072-228-7661
地域子育て支援コース
(地域子育て支援拠点事業)
定員50人
地域子育て支援拠点事業(地域の身近な場所で親子の交流や育児相談などができる場所)に従事を希望する方を対象としたコース。

※①地域保育コース(ファミリー・サポート・センター事業)は堺市在住の方のみ対象となります。

募集定員

事業要項及び研修日程表に記載。

受講料

研修の参加費は無料です。ただし、会場や実習施設への往復交通費、昼食代、提出物に係る費用等は自己負担となります。

受講免除について

堺市または他の都道府県や市町村で実施している子育て支援員研修において基本研修又は専門研修の一部科目を修了している方は、希望により修了した科目について受講の免除が可能となります。一部科目免除を希望する場合は、修了証明書の写しをご提出ください。

研修日程

①地域保育コース(ファミリー・サポート・センター事業)「共通講義 4日間」

研修名 日程
地域保育
コース
C日程 令和元年
12月2日(月)
令和元年
12月3日(火)
令和元年
12月13日(金)
令和元年
12月19日(木)
令和元年
12月20日(金)
基本研修
10:00~16:55
基本研修
10:00~14:05
専門研修
<共通科目>
14:20~17:05
専門研修
<共通科目>
10:00~17:35
専門研修
<共通科目>
10:00~16:50
専門研修
<ファミリー・サポート
・センター>
9:45~17:35
D日程 令和2年
2月3日(月)
令和2年
2月4日(火)
令和2年
2月10日(月)
令和2
年2月13日(木)
令和2年
2月17日(月)
基本研修
10:00~16:55
基本研修
10:00~14:05
専門研修
<共通科目>
14:20~17:05
専門研修
<共通科目>
10:00~17:35
専門研修
<共通科目>
10:00~16:50
専門研修
<ファミリー・サポート
・センター>
9:45~17:35

②地域子育て支援コース(地域子育て拠点事業)

研修名 日程
地域子育て
支援コース
令和元年12月2日(月) 令和元年12月3日(火) 令和元年12月18日(水)
基本研修
10:00~16:55
基本研修
10:00~14:05
専門研修
<地域子育て拠点事業>
9:45~17:35

※地域保育コース(ファミリー・サポート・センター事業)は基本研修と専門研修の<ファミリーサポートセンター事業>を受講したのちに専門研修<選択科目>を受講することができます。
※※地域子育て支援コース(地域子育て支援拠点事業)は基本研修を受講したのちに専門研修を受講することができます。

子育て支援員現任研修

日時 時間  分野  科目 
12月14日
(土)
10:00~11:00  基礎的分野  最近の児童福祉の概要 
11:15~12:45 子どもの発達・遊びの理解 
13:35~15:05  子ども・保護者対応、緊急時の対応①(基礎編) 
15:20~16:20  子どもの虐待 
16:35~17:35 障害児への理解

12月21日
(土)
10:00~12:00 子ども・保護者対応、緊急時の対応②(応用編①)
・保育施設における事故の実態と事故防止策の工夫
・事故防止に関する組織としての取組み
・災害への備えと危機管理の徹底
・他職種との協働
12:50~14:50 子ども・保護者対応、緊急時の対応②(応用編②)
・食物アレルギーの理解
・食物アレルギーのある子どもへの対応
・アナフィラキシーショックについて
・エピペンの知識習得と実践演習
15:05~17:05  子ども・保護者対応、緊急時の対応②(応用編③)
・子どもに多い急変症状と早期発見のポイント
・応急処置および救急蘇生法の習得
・AEDの基礎知識と使用方法
・緊急時の対応法と医療機関との連携について
12月28日
(土)
9:30~11:00
11:15~12:45
専門分野 子ども・保護者対応、緊急時の対応②(応用編④)
・対人援助職としての基本姿勢を習得する
・保育環境の変化に対して「柔軟な対応力」を身に付ける
・保護者との信頼関係(保護者への対応)、相談援助技術向上
・保育ソーシャルワークの視点から、「保護者対応(保護者支援)」を考える
・他者理解と自己覚知
・事例検討(課題共有) 
・福祉施設におけるスーパービジョン体制
・スーパービジョンの機能と手法の理解
・スーパービジョンの視点から人材育成への取り組みを考察する
・事例検討(ワークショップ形式) 
13:35~15:05
15:20~16:50

子育てアドバイザー現任研修

研修名 日程・時間 テーマ(内容) 定員
子育てアドバイザー現任研修
前期開催分 ※受付終了
2019/11/6(水)
14:00~16:45
乳児の育ちと生活リズムについて 80名

※子育てアドバイザー現任研修は堺市へ登録をされ、子育てアドバイザーとして現に従事する方が対象となります。申し込みは先着順となります。
※子育てアドバイザー現任研修の申込締切日は11月1日(金)です。

研修会場

堺市産業振興センター(堺市北区長曽根町183-5)

交通アクセス

●南海高野線「中百舌鳥駅」より約300m
●泉北高速鉄道「中百舌鳥駅」より約300m
●Osaka Metro御堂筋線「なかもず駅」より約300m
●南海バス「中もず駅前」より約300m

研修会場へは、公共の交通機関をご利用ください。

研修の申込について

お申込方法

受講申込書をダウンロード・ご記入の上、下記まで郵送にてお申込み下さい。

各様式のダウンロード

申し込み締め切り

●地域保育コース(ファミリー・サポート・センター事業)C日程及び、地域子育て支援コース(地域子育て支援拠点事業):11月15日(金)必着
●地域保育コース(ファミリー・サポート・センター事業)D日程:12月20日(金)
●子育てアドバイザー現任研修:11月1日(金)

申込書郵送・送付先

〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-10-1 肥後橋第21松屋ビル701
(公財) 総合健康推進財団 保健福祉研修センター 大阪事務所
さかいチャイルドサポーター等研修係

修了証

研修の全科目とレポートの提出を持って研修修了とし、堺市による修了認定ののち修了証を送付いたします。

受講について

次の各号の一に該当する者は、受講を取消すことがありますのでご注意下さい。
 1.学習意欲が著しく欠け、修了の見込みがないと認められる者
 2.研修の秩序を乱し、その他受講生としての本分に反した者