令和2年度 宮崎県 保育士等キャリアアップ研修

研修概要

後期日程の募集を開始しました。

研修の目的

保育現場において、園長、主任保育士の下で、リーダー的な役割を担う保育士等に対し、多様な課題や若手の指導等、職務内容に応じた専門性の向上を図ることを目的とします。

募集定員

50~92名 会場ごとに定員が異なります。
詳細については、添付している「宮崎県保育士等キャリアアップ一覧」をご覧ください。
※今年度は新型コロナウイルス等の感染症拡大防止のため、各会場の定員を調整しております。

受講対象者

受講対象者は、宮崎県内の認可保育所、認定こども園、地域型保育事業所及び認定こども園への移行を予定している保育施設(移行希望年度を市町村が把握しているなど、確実な移行予定保育施設に限る。)等を対象とします。

(1)専門分野別研修
保育現場において、それぞれの専門分野に関してリーダー的な役割を担う者又はそれが見込まれる者

(2)マネジメント研修
上記(1)の各分野においてリーダー的な役割を担う者としての経験があり、主任保育士の下でミドルリーダーの役割を担う者又はそれが見込まれる者

(3)保育実践研修
保育所等の保育現場における実習経験の少ない者(例:保育士試験合格者)又は長期間、保育所等の保育現場において保育を行っていない者(例:潜在保育士)

受講料

無料

※会場までの交通費、駐車場および昼食代等の実費は自己負担となります。
(後期会場の宮日会館は駐車場代が発生いたしますので、予めご了承ください。)

テキスト

テキストについては、事前に購入していただき研修当日にご持参ください。研修当日の販売等は行いません。
今年度下記分野のテキストが第2版として改訂されましたので、第2版の購入をお願いいたします。
【改訂分野】 第4巻 食育・アレルギー対応分野
       第6巻 保護者支援・子育て支援分野
       第7巻 マネジメント研修
なお、事前の購入方法についてはこちらの「テキストのご案内兼申込用紙」をご確認の上、中央法規出版に直接お申込みください。

研修日程

研修分野 番号 地区 日程 会場
乳児保育 宮崎 1日目 2/12(金) 宮日会館
2日目 2/15(月)
幼児教育 延岡 1日目 1/14(木) 延岡市社会教育センター
2日目 1/15(金)
宮崎 1日目 1/30(土) 南九州大学宮崎キャンパス
2日目 1/31(日)
障害児保育 宮崎 1日目 2/22(月) 宮日会館
2日目 2/23(火・祝)
食育・アレルギー対応 宮崎 1日目 2/20(土) 南九州大学宮崎キャンパス
2日目 2/21(日)
保健衛生・安全対策 都城 1日目 12/19(土) 南九州大学都城キャンパス
2日目 12/20(日)
宮崎 1日目 2/10(水) 宮日会館
2日目 2/11(木・祝)
保護者支援・子育て支援 宮崎 1日目 2/13(土) 南九州大学宮崎キャンパス
2日目 2/14(日)
マネジメント 宮崎 1日目 1/18(月) 宮日会館
2日目 1/19(火)

研修の申込について

お申込方法

下記申込みフォームよりお申し込みください。
※申し込みは原則事業所単位のお申込になります。
現在保育所等に勤務されていない方は「施設名」の欄に「勤務していない」とご記入いただきお申し込みください。
※受講決定者には本人確認の為、開催日当日に保育士資格をお持ちの方は「保育士資格証の写し」、保育士資格をお持ちでない方は、「公的機関発行の本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民票、健康保険証等)の写し」を持参いただきます。 

※昨年度は1名(1枠)に付き2つまで分野を選択できましたが、今年度は新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う会場定員減の調整のため、前期・後期それぞれ受講希望者1名(1枠)につき1分野のみ選択の受講希望お伺いとなります。

申込締切

令和2年10月5日(月)
※申込者へは10月中旬ごろに、受講決定通知書もしくは落選通知書をFAXまたは郵送で通知いたします。

各様式のダウンロード

申込書郵送・送信先

公益財団法人総合健康推進財団 保健福祉研修センター 九州支部
宮崎県保育士等キャリアアップ研修係
〒826-0926 熊本県熊本市中央区保田窪1丁目10-38
TEL: 096(285)7010  FAX: 096(386)7127

修了証

各分野全日程(計15時間)を受講し、研修レポートの提出を確認した上で、修了認定を行います。
修了者には分野ごとの修了証を、令和3年3月に交付予定です。
※欠席、遅刻、途中退席等の場合には修了証を発行できませんので予めご了承ください。

注意事項

  • 新型コロナウイルス感染症等の影響により、研修の開催を延期または中止することがあります。その場合の対応等については、別途、連絡します。
  • 新型コロナウイルス等の感染拡大防止のため、研修当日は会場内の窓やドアを開け、可能な限り換気を行いながら研修を実施します。また、多くの受講者が触れる部分については、適時アルコール消毒等を行うなどの対策を講じます。
  • 新型コロナウイルス等の感染拡大防止ため、受講者に対して次に記載する項目についてご協力をお願いします。なお、各研修会場にて、追加の協力依頼がある場合は、その詳細を受講決定通知書の注意事項に掲載します。

ご協力を依頼する項目

  • 研修当日は自宅で検温を行ったうえで、研修会場にお越しください。
    ※発熱や呼吸器症状等がある場合は、研修参加を自粛するとともに、財団事務局まで連絡ください。
  • マスクを持参し、受講中はマスクを着用してください。
  • 研修当日の直近2週間以内に、ご家族や勤務先などで新型コロナウイルスの感染が発覚し濃厚接触者となった場合は、研修への参加を自粛するとともに、その旨を財団事務局まで連絡ください。
  • 研修受講中に、風邪等の症状や倦怠感を感じた場合は、直ちに財団事務局へ報告するとともに、ご帰宅の依頼をすることがあります。予めご了承ください。