医療機器販売・貸与管理者基礎講習

お申込みの流れ

この研修の受講をご希望の方は、 以下の説明をよく読んで受講の申込みを行ってください。

研修日程の確認

開催日程表ページより、ご希望の開催地・開催日程をご確認ください。 
※各研修のお申込締め切りは開催日の2週間前までとなっておりますのでご注意ください。(または定員になり次第、締め切り) 
※1ヶ月以上前に、満員になる会場もございますのでお早めに御申込下さい。

各様式のダウンロード

以下リンクより申込書兼従事証明書をダウンロード・印刷し、記入例を確認後、必要事項をご記入の上郵送にて当財団まで送付ください。
※当講習はオンライン、FAXでのお申込は受け付けておりません。

※申込書兼従事証明書は、受講者記入欄・証明者様記入欄が2枚にまたがっている(分かれている)場合、無効になる場合があります。Word形式での入力・印刷の際にはレイアウトの変化に特にご注意下さい。
※Word形式でうまく入力や印刷ができない場合は、PDF形式の申込書兼従事証明書をご利用ください。 
※お申込にあたられては、よくある質問のページもご確認下さい。 

プログラム医療機器のみの販売・貸与の基礎講習のお申込みについて

プログラム医療機器(医療機器プログラム(医療機器のうちプログラムであるもの)又はこれを記録した記録媒体たる医療機器)のみの販売・貸与の基礎講習のお申込にあたられてましては、こちらから申込書をダウンロード・印刷し、必要事項をご記入の上郵送にて当財団まで送付ください。コンピュータプログラムではない医療機器については申込書兼従事証明書を使用してください。 

受講通知の発送

申込書類が到着後、まずは書類審査を行います。申込書類に記載されている内容に不備がある場合は 個別に確認をさせていただきます。(書類の再送付を依頼する場合も有) 
審査を通過した方には、FAXまたは郵送にて受講通知書を送付いたします。 

※申込書が当財団に到着してから受講通知書の送付まで通常1週間程度かかります。
※開催の日程が数ヶ月先の場合や繁忙期等により、受講通知書の到着まで2週間以上かかる場合もございます。
※申込書類を発送後、2週間以上経過しても受講通知書が届かない場合はご連絡ください。⇒info@zaidan-kensyu.jp

受付完了

受講通知書(FAXまたは郵送)が届いた時点で受付完了です。 書類の内容を確認してください。

受講料の振込

振込み案内に従って、受講料を最寄の郵便局窓口に備え付けの用紙でお振込ください。(お振り込み手数料はご負担下さい。青枠のものをご使用下さい)

 受講日当日

受講通知書を持って講習会場にお越しください。
※テキスト等は会場にてお渡しいたします。

 修了証の発行

受講後、試験の合格者には当財団の理事長名で修了証を発行いたします。 
修了証の発行には試験終了後、約1ヶ月程度かかりますのでご了承下さい。 
※受講料の入金の確認が取れていない場合、修了証が発送できませんのでご注意下さい。
不合格の方には試験後、2週間前後で追加レポートをお届けいたしますので、記入後提出してください。
追加レポートを提出後、合格された方には改めて約1ヶ月程度で修了証を発行いたします。 

合格の場合 ( 約1ヶ月後 )  ×不合格の場合 ( レポート提出/確認次第 )

 修了証到着後の手続きについて

修了証は大切に保管してください。 業許可(届出)がお済みでない場合は、速やかに申請の手続きを行ってください。
また、責任技術者の変更の場合も届出が必要です。詳しくは各都道府県薬務課のホームページ等でご確認下さい。

プログラム医療機器のみの販売・貸与を行う方の基礎講習 申込書

本講習は、『医薬品医療機器等法 施行規則第162条第3項第1号に規定するプログラム高度管理医療機器』、 及び『医薬品医療機器等法施行規則第175条第1項第3号にて規定するプログラム特定管理医療機器』の 販売等を行う営業所管理者の資格取得を目的とする講習会です。

プログラム医療機器のみの販売・貸与を行う方については、当ページ下のリンクより申込書をダウンロードいただけます。
※プログラム医療機器とは : 医療機器プログラム又はこれを記録した記録媒体たる医療機器
※医療機器プログラムとは : 医療機器のうちプログラム(コンピュータプログラム、ソフトウェア)であるもの

ご受講される方は販売業・貸与業の従事経験は必要ございませんが、プログラム医療機器のみを販売・貸与する旨の誓約が必要となります。
日程・会場・カリキュラム・受講料等については通常の医療機器販売・貸与管理者基礎講習と同一となります。 

また、修了証につきましては、プログラム医療機器のみの販売・貸与に関する営業所管理者資格である旨を記載いたしますのでご了承下さい。
※平成27年度より、修了証に「プログラム高度管理医療機器」または「プログラム特定管理医療機器」のクラス表示を行います。講習や試験の内容については、いずれも同一となります。この表示は、受講後の変更・訂正ができませんのでご留意下さい
※プログラム高度管理医療機器営業所管理者の資格取得者は、プログラム特定管理医療機器営業所管理者となれます(また、プログラム特定管理医療機器で資格を取った場合、プログラム高度管理医療機器はお取り扱いいただけません)。 

各様式のダウンロード

記入例を確認後、申込書をダウンロード・印刷し、必要事項をご記入の上郵送にて当財団まで送付ください。
当講習はオンライン、FAXでのお申込は受け付けておりません

ご注意

プログラム医療機器以外の医療機器(コンピュータプログラムではない、家庭用電気治療器や補聴器等の特定管理医療機器高度管理医療機器等)の営業所管理者の資格は取れません。誤って送られる方が多く見受けられます。ご注意下さい。

※「プログラム医療機器とは何だろう?」という疑問をもたれた方は、プログラム医療機器の営業所管理者資格は必要ない方である可能性が非常に高いと思われますので、上記のプログラム医療機器のみ専用申込書を使用せず、まずはお電話等でお問い合わせ下さい。 

※各会場の御申込は基本的に開催日の2週間前まで又は定員になり次第、締切となっておりますのでご注意ください。
(1ヶ月以上前に、満員になる会場もございますのでお早めに御申込下さい)
(空席がある場合、2週間前を過ぎてもお受け付けを継続することがございます) 

※プログラム医療機器以外の医療機器の管理者資格を取得されたい方が、誤ってプログラム医療機器用の申込書を使って管理者資格を取得された場合、修了証等の訂正はできません。その方がプログラム医療機器以外の医療機器の管理者資格を取得するためには再度基礎講習を受講する必要があります(従事経験の証明を要します)。 

※参考資料
プログラムの医療機器への該当性に関する基本的な考え方について